トップ > EDITORS MAGAZINE > 進化する合繊ジャケット

進化する合繊ジャケット

2019.9.18

ウールやコットン、シルクなどが主流であるジャケットですが、

合成繊維も驚くほどの進化を遂げています。

 

そしてやはりその最大の強みが機能性。

 

現代において「伸縮性」すなわちストレッチが効いていることはある意味必須条件であり、

 

防シワや手入れの簡易性といった部分もとてもクローズアップされています。

 

とはいえ、合繊オンリーで構築的な美しいジャケットを作るというのがこれまた「激ムズ」なわけであります(笑)

 

そこんとこの絶妙な塩梅を涼しい顔でサクッと仕上げてくるのがココんち、D/him.さんです。

 

さっそく噂の合繊ジャケットをご紹介。

 

ダブルサマーハイテンション【ジャケット】¥49,000+TAX

 

 

 

ナイロン85%・ポリウレタン15%という混率で、緻密で微細な起毛がしっとり上品な手触りが特徴です。

 

[ナイロンジャケット]と聞いただけでは、「ガサガサ」や「シャカシャカ」というイメージが強い方もいるかと思いますが、触れて驚く、もっちりしなやかな生地です。

 

 

そう。もっちり具合に納得の超ストレッチ。

 

「伸」に加えて「縮」のバランスがしっかりとれたキックバックによってシワになりにくいっちゅーわけですね。

 

 

 

内側両サイドにポケット完備の為ビジネスシーンの活用もOK。

 

なんと同素材で、パンツ・コートもありますぜ。

ダブルサマーハイテンション【ボトムス】はこちら

ダブルサマーハイテンション【コート】はこちら

 

 

ベーシックな着こなしができる幅のラペル。

 

全体をキュッとまとめてくれるエンド部分の始末もポイントです。

 

そしてこの構築的なシルエット。素晴らしい。

 

程よくシェープを効かせ、D/him.らしい遊びの大きめパッチポケット。

 

随所に本格的なテーラードジャケットの香りをプンプンに醸し出しながら、じつはもっちりしなやかでシワになりにくい合成繊維でできているという逸品なわけです。

 

 

単品使いはもちろんのこと、

 

同素材アイテムでドドンっとキメることもできるD/him.ダブルサマーハイテンションシリーズ。

 

ぜひチェックしてください。

 

 

ダブルサマーハイテンション【ジャケット】はこちら

ダブルサマーハイテンション【フーディー】はこちら

ダブルサマーハイテンション【ボトムス】はこちら

ダブルサマーハイテンション【コート】はこちら