トップ > EDITORS MAGAZINE > 艶やかなボーダーロンT

艶やかなボーダーロンT

2020.9.5

夏のピークが終わりましたが、まだしばらく暑さが続きそうですね。

 

 

 

今年はこういったご時世ですので各地でもお祭りや、花火大会なども

 

 

 

中止されているところが多かったようです。

 

 

 

私は夏が大好きなので、今年は少しもの足りない夏となってしまいました。

 

 

 

ですが、今年はきちんと遊びたい欲を抑えて、来年こそは心おきなく遊べるように

 

 

 

なると信じて頑張ろうと思います。

 

 

 

ということで本日は、秋ももうすぐそこなので、晩夏から秋にかけて使えるアイテムをご紹介させていただきます。

 

 

 

ボートネック ボーダーロンT ¥9,500+TAX (SALE)

 

 

 

先染めをして編んだストライプ生地を、横取りして仕上げたボーダーTシャツ。

 

 

 

 

程よいピッチのボーダーを全面ではなく、上下に余白を残すことで、落ち着いた雰囲気のボーダーとなっております。

 

 

 

少しゆったりとしたシルエットというところでしっかりトレンドも抑えております。

 

 

 

 

このロンTの特徴でもある首元は、ボートネックとなっております。

 

 

 

鎖骨に沿ってカーブを描いたネックは首回りをすっきり見せることができ、夏の時期でも涼しく着ていただけます。

 

 

 

また、「ボートネック」とは上から見たときに前後の襟ぐりが船底の形に見えることが由来となっております。

 

 

 

ちなみに、あの有名な画家のピカソもなんとボーダーのボートネックを愛用していたそうです。

 

 

 

 

背面には赤い刺繍が施されております。この刺繍が程よい挿し色となっており、絶妙な主張をもたらしてくれます。

 

 

 

 

気になる生地ですが、綿100%で構成されており、シルケット加工が施されています。

 

 

 

「シルケット加工」とは綿繊維を引っ張りながら苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)水溶液につける加工。

 

 

 

簡単に言うと「綿の糸の毛羽たちを薬剤で焼き切る」といった感じです。

 

 

 

こうすることで毛羽たちを抑え、シルクのような艶としなやかさを持たせることにより、普通の綿に比べ上品な肌触りや艶のある生地感となっております。

 

 

 

 

オフ×ピンク、オフ×ブルー、オフ×ブラックの3色展開。

 

 

 

せっかくですので、それぞれのカラーを使用したコーディネートをご紹介したいと思います。

 

 

 

カットソー:ボートネック ボーダーロンT

パンツ:D/him.セルビッチデニム

ベルト:FATTORIA del CUOIO(D/him.店舗販売)

サングラス:Italia Independent サングラス 0925モデル

 

 

 

まずオフ×ブルーのコーディネート。

 

 

 

ボーダーロンTに淡いデニムの王道マリンコーデ。

 

 

 

デザインを活かしてシンプルに合わせてみました。このロンTの良さが出る一番のコーディネートだと思います。

 

 

 

これは夏から秋にかけてオススメしたい組み合わせ。まだ暑いときには袖を捲り過ぎず、七分まで巻くって着ていただくと良いかと思います。

 

 

 

またクリアフレームでブルーレンズのサングラスがマリンスタイルをグッと雰囲気付けてくれます。

 

 

 

Gジャン:11オンスデニムジャケット

カットソー:ボートネック ボーダーロンT

パンツ:ピケ 2プリーツパンツ 

 

 

 

次にオフ×ピンクのコーディネート。

 

 

 

Gジャンにピケパンツとネイビートーンに合わせました。

 

 

 

一見難しいイメージのピンクですが、このようにネイビーやブラックといったワントーンのコーデに挿し色として合わせてあげるとコーディネートを纏めて見せることができます。

 

 

 

ピンクをさらっと取り入れてあげると、大人の色気を醸し出せますのでおすすめです。

 

 

 

女性うけもばっちりなカラーリングです。

 

 

 

ジャケット:ONLINEで解禁【超ストレッチ】メッシュジャケット

カットソー:ボートネック ボーダーロンT

パンツ:ハイパーストレッチパンツ 

ポケットチーフ:GIERRE(D/him.店舗販売)

ピンバッチ:D/him.(D/him.店舗販売)

 

 

 

最後はオフ×ブラックのコーディネート。

 

 

 

ボーダーロンTにジャケットを合わせました。

 

 

 

オフ×ブラックなのでモノトーンで纏めました。このジャケットの合わせもシルケット加工を施しているこの生地だからこそ、ジャケットとの相性がちぐはぐにならず、きれい目スタイルにも落とし込む事ができます。

 

 

 

またセットアップにも見られそうですが、メッシュジャケットにストレッチパンツというキチンと感を出しながらも実はリラックスして着れるという最近の流れにはぴったりの合わせかと思います。

 

 

 

 

一枚で着ても、Gジャンからジャケットのような羽織に合わせることもできるとても万能なボーダーロンT。

 

 

 

ボーダーが苦手だった方も既にお持ちの方もぜひチェックしていただきたい逸品です。

 

こちらからご覧いただけます。